[ER] で学ぶ医療現場の英会話 > 医療現場の英会話 > 落ち着いて (I-1-14) (医)
無料メールマガジン「医学用語や日常会話を多言語(10カ国語)で話したい! 」
紹介。(マガジンID:0000202201)
メールアドレス:
Powered by

落ち着いて (I-1-14) (医)

<あらすじ>
建築中のビルが崩壊し、負傷者12人がER(緊急救命室)に救急搬送されました。
重症患者が多い中、スーザン・ルイスが顔面に怪我をした比較的軽症の若い男性を診察しています。
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
顔面に怪我をしているので、脳に異常がないか確かめるため、簡単な質問をしています。

・How many fingers? 「この指は何本?」
  -Three. 「3本」
・What's your name? 「あなたの名前は?」
  -Jeff Barr. 「ジェフ・バー」
・Where are you? 「今どこにいますか?」
  -Cook County General. 「クック・カウンティー病院」
・What's today? 「今日は何の日?」
  -St. Patrick's Day. 「聖パトリック・デイ」(・・・3月17日です)

 通常、名前や場所、日付などを尋ねて、見当識(けんとうしき)障害がないかを調べます。
 この障害がある場合は、
 「ここはどこ?私は誰?」になっちゃうわけです。


 今日はもう少し、スーザンの軽妙な会話を楽しみましょう。
・You're fine. 「あなたは大丈夫よ」
・Get a set of facial bones. (スタッフに)「顔面骨のレントゲンを」

  だいたいレントゲンは、撮る場所によって、二方向とか、斜めからとか、
  撮るパターンが決まっているので、
  「a set of facial bones」「顔面の骨、セットで撮って!」と言っています。


・You're gonna be just fine, Mr. Barr. 「心配ないですよ、Barrさん」
 心配ないと言われた男性は、スーザンにさらに話しかけます。

・You're beautiful, doc. 「先生は美人だね」
  -Thank you. 「ありがとう」
・You married? 「結婚してるの?」
  -No, l'm a doctor. 「いいえ、私はドクターよ。」

  No, I'm single.(独身)と答えずに、I'm a doctor.と答えるところが、
  この男性を軽くいなした感じで、小気味よいですね。


  しかし、スーザンもうっとうしく思ったのか、この後、
・Take it easy, Mr. Barr.
You don't want to fall on your face twice in one day. と言います。

 Take it easy! は緊張している人に、
 「気楽にやれよ」「あせらないで」「落ち着いて」という意味で使ったり、
 米国では、別れ際に、「さよなら!, じゃあね!」という意味で使ったりします。

 スーザンに言い寄ろうとしている男性に、
「落ち着きなさいよ!調子に乗らないで!」と言った後で、
 fall on your face つまり、「顔から落ちてまた怪我をする = スーザンに張り倒される」
 「一日に二回も顔の怪我したくないでしょ!」と脅しています。


 スーザンかっこいいです。

 fall on your face は lie on your back (仰向けになる = 背中から横たわる)と同じ
使い方ですね・・・。


(ER( I ) 第1話「甘い誘い」(Pilot)、08:23 あたり)(I-1-14)

サイト内検索


CD・DVDを探す
@TOWER.JP

無料メールマガジン「車好きとレースファンのための英語の勉強部屋」
紹介。(マガジンID:0000174148)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2