[ER] で学ぶ医療現場の英会話 > 医療現場の英会話 > 助けられませんでした (I-1-18) (医)
無料メールマガジン「医学用語や日常会話を多言語(10カ国語)で話したい! 」
紹介。(マガジンID:0000202201)
メールアドレス:
Powered by

助けられませんでした (I-1-18) (医)

<あらすじ>
建築中のビルが崩壊し、負傷者12人がER(緊急救命室)に救急搬送されましたが、
事故に巻き込まれた男性が、心臓発作を起こして亡くなりました。
グリーン医師が、病院に駆けつけた家族を探して、そのことを報告しようとしています。
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
混雑する待合室で「Canelliさんの家族の方は?」と呼びかけると、
若い男性が「息子です」と名乗り出ました。

グリーン「Mr. Canelli, your father had a heart attack.」
    「Canelliさん、あなたのお父さんは心臓発作を起こして・・」

グリーン「And we were unable to revive him. l'm sorry.」
    「我々は彼を助けることができませんでした。残念です。」

 heart attack は「心臓発作」、
 心臓発作は ほかにも heart stroke などの言い方があります。


 revive は「生き返らせる。蘇生させる」という意味です。
 revive [リバイブ] の名詞形は revival [リバイバル]、
 昔の歌が再びヒットする時などに使う「リバイバル」と同じです。

 be unable to 〜 [アンエイボォ トゥ] は be able to「〜できる」の否定形で、
 「〜することができない」となります。


(ER( I ) 第1話「甘い誘い」(Pilot)、10:42 あたり)(I-1-12)

サイト内検索


CD・DVDを探す
@TOWER.JP

無料メールマガジン「車好きとレースファンのための英語の勉強部屋」
紹介。(マガジンID:0000174148)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2