[ER] で学ぶ医療現場の英会話 > 人間関係の英会話 > いつもどおり (I-1-21) (日常)
無料メールマガジン「医学用語や日常会話を多言語(10カ国語)で話したい! 」
紹介。(マガジンID:0000202201)
メールアドレス:
Powered by

いつもどおり (I-1-21) (日常)

<あらすじ>
建築中のビルが崩壊し、負傷者12人がER(緊急救命室)に救急搬送されました。
心停止患者の蘇生にあたったり、ひどい外傷患者を治療したりと、緊迫した時を送って

いましたが、今は医師たちが医局で一息つきながら、カルテの整理などをしています。
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
ベントンが立ち上がって、コーヒーを飲もうとします。


ベントン「Anybody want coffee?」
    「誰かコーヒーいるか?」
スーザン「l do.」
    「お願い。」
ベントン「How do you take it?」
    「どうやって飲む?(ミルクと砂糖はどうする?」
スーザン「Same as yesterday and the day before.」
    「いつもどおりよ。(昨日とそしておとといと同じよ)」
ベントン「And they call me a smart-ass.」
    「で、やつらに知ったかぶりって言われるんだよな。」


How do you take it? はどのようにして飲むか?と聞いているので、
通常は砂糖やミルクをどうするか、ということを尋ねています。
How do you like your coffee? や
How do you want your coffee? と聞くのが普通です。


答える方は、
ブラックで飲むときは、
「Black will be fine.」
ミルク(砂糖)だけのときは、
「Just cream(sugar), please.」
両方入れるときは、
「With cream and sugar, please.」 のように答えます。

ですが、スーザンは、
「Same as yesterday and the day before.」
「いつもどおりよ。(昨日とそしておとといと同じよ)」と答えます。
「聞かなくても知ってるでしょっ」というニュアンスですね。


それでベントンは、以前先輩の医師に、自分が手術をやりたい(できる)と言った時に、
「レジデントのくせに、自信たっぶりだな。(自惚れ屋だな、知ったかぶりだな)」
といわれたことを持ち出して、
たとえば、「スーザンはミルクだけだったよな」などと言うと、
「知ったかぶりって言われるんだよな」、といっているわけです。
(字幕では「ボケちまったよ」となっています)


(ER( I ) 第1話「甘い誘い」(Pilot)、12:17 あたり)(I-1-21)

サイト内検索


CD・DVDを探す
@TOWER.JP

無料メールマガジン「車好きとレースファンのための英語の勉強部屋」
紹介。(マガジンID:0000174148)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2