[ER] で学ぶ医療現場の英会話 > 人間関係の英会話 > 気にするな (I-1-22)(日常)
無料メールマガジン「医学用語や日常会話を多言語(10カ国語)で話したい! 」
紹介。(マガジンID:0000202201)
メールアドレス:
Powered by

気にするな (I-1-22)(日常)

<あらすじ>
建築中のビルが崩壊し、負傷者12人がER(緊急救命室)に救急搬送されました。
心肺蘇生を要する治療をして、緊迫した時を過ごしましたが、今は医師たちが医局で一息つきながら、カルテの整理などをしています。
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
ベントンが立ち上がって、コーヒーを飲もうとします。自分とスーザンのコーヒーを入れようとすると、コーヒーが残っていませんでした。

ベントン「The nurses raided the coffee.」
    「看護師がコーヒーを飲んだんだ」
    「 Why don't they make their own?」
    「なんだ自分たちのは自分で作らないんだ?」
    「l'm gonna tell them.」
    「文句言ってくる!」
スーザンとマークが同時に「Never mind.」
    「気にするな」
ベントン「Okay. Never mind.」
    「わかったよ」

「raid」 は不意の襲撃、奇襲、侵略を表す単語です。
たとえば、
a police raid は「警察の手入れ」
a bank raid は「銀行強盗」 です。

看護師が自分たちでコーヒーを淹れずに、医局に来てコーヒーを勝手に飲んでいくので、ベントンはそれを「侵略や奇襲」になぞらえて「raid」を使っているのでしょう。
たびたびあるようで、「自分たちのは自分で作れよ、と言ってくる!」といきまいています。

I'm gonna tell them. は今さら言うまでもなく、
I'm going to tell them. の口語形です。
〜するつもり、という予定や意思を表します。

ところが、マークとスーザンに同時に
「Never mind.」と言われてしまいます。
「気にするな。やめとけ。いちいちそんなことで文句言うんじゃない。」
というニュアンスですね。

ベントンは少しあっけにとられて、
「わかった。」(字幕は「そうかい」)と答えます。

Never mind. は日常会話でもよく使われますね。
何かを心配しているときや、謝罪したときなどに、相手が、
「気にしないで。 心配するな。 大丈夫。」と言ってくれるのが、
「Never mind.」です。

(ER( I ) 第1話「甘い誘い」(Pilot)、12:30 あたり)(I-1-22)

サイト内検索


CD・DVDを探す
@TOWER.JP

無料メールマガジン「車好きとレースファンのための英語の勉強部屋」
紹介。(マガジンID:0000174148)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2